INTERVIEWインタビュー

手先の不器用さが改善され、前向きさも見られるようになりました。

K.Yくんのお母様

年齢・性別 7歳・小1・男の子
症状 遠視、ADHD
お悩み 目を動かす機能が未熟なため、板書ができない。
手先が不器用。自分の気持ちを言葉で表すことが少ない。
希望 原始反射を統合することで、目をしっかり使えるようになってほしい。

当施設では子どもの正常発達を考えたリハビリ・トレーニング・運動教室を行っております。
今回、当施設に通っていただいている子のご家族様にお話を伺いました。

お子様の発達にご不安を覚えたのはいつ頃ですか?
3歳の時に眼科で遠視と診断されましたが、うちではよくならないからと大学病院を勧められたんです。結局、大学病院でも、同じことしかできないと言われました。その上この子には多動もあったので、児童発達支援にもお世話になっていました。最初は視力と多動を分けて考えていたんですが、もしかしたら両方が関係しているのかなと思い出したんです。多動だから矯正メガネが効かないのか、視力の問題で多動になるのか、いずれかを疑い始めました。
ご自身ではどのようなことを試されていましたか?
ヴィジョントレーニング施設へ通って、原始反射と目の関係にたどり着きました。そこで、原始反射の検査を重ねた結果、目を動かすことが未熟であるとわかりましたし、目に関する5つの原始反射のうち4つ残っていることがわかったんです。そこから原始反射や感覚統合に興味を持ちはじめ、専門家によるSNSやYouTubeなどで情報を集めていました。
LUMOを知ったきっかけを教えてください。
そんな中、本間龍介先生の本(本間良子共著『1日2分!脳幹を鍛えれば子どもの才能はどんどん伸びる』青春出版社、2022)に出会ったんです。原始反射が統合できていないことで目を動かすことが未熟なのではないかと確信しました。原始反射の統合で視力が改善するとは思いませんが、原始反射は視覚にものすごく関係しています。遠視用メガネをかけるにあたって目を動かさないといけないですし、目が動かなければ矯正しても意味がありません。統合することが目を動かすことに繋がると考えています。
どのようなことで悩まれていましたか?
一番の課題はやはり目をしっかり使えるようになることですし、それが全てに通じると思っています。小学校へ入学してみると、板書もできません。目線を上げて見て、次に自分の手元に移すという動作がしんどいようです。あまり話しませんし、手先も不器用で困りごとは多いと思います。
LUMOを選んだ理由は何でしたか?
うちの子の目に原始反射が大事だと確信があったものの、ヴィジョントレーニング施設でのトレーニングがうちの子にはなかなかしんどくて、やりたくないと。でも、自宅で体を動かす原始反射統合の運動ならまだ楽しくやってくれるので、できればそのほうがいいと思いました。
お世話になった児童発達支援サービスの中には運動療育もありました。そこで原始反射の統合というキーワードを出してみたのですがみなさんあまりご存知ないんです。理学療法士さんでも「聞いたことがある」くらいの回答しかもらえなくて、原始反射に特化していないとダメなんだと思いました。
無料体験のご感想を教えてください。
イレギュラーですが、近隣にまだ校舎がなかったので、少し遠くの校舎へ原始反射を見てほしいとお願いしました。体験では、自宅でこんな運動をしたらいいのではと、ワークを教えてもらいました。私も知識をつけていく中で、こういうことは積み重ねだと思っていましたし、アドバイスもいただけて良かったです。その後、通うこと自体は決めていたので、近隣の校舎がオープンするとともに入会しました。
LUMOに通ってみて、率直にどう感じていますか?
まだ4ヶ月ですし、うちの子は自分から発信しないのでわかりかねていますが、手先の不器用さは改善していると思います。また、LUMOで運動した後は、前向きにやってみようとするところが見られるんです。不得意な箸の使い方の練習を、LUMOの後の晩御飯ではチャレンジできるんです。最近は、側転のように、「そんな技ができるようになったの?」と私のほうが驚くこともあります。いろんな技ができるようになって更に自信に繋がればいいなと思っています。
これからも通い続けたいですか?
はい。絶対結果が出ることと思っています。原始反射にここまで特化している教室はないですし、多分何年という単位で通って効果が出ると思うので、私自身も知識をつけて教えていただきながら続けたいです。そしてきるだけ通い続けることが大事だと思っています。実はLUMOが通い先で一番遠いですが、親子で頑張っていますし、その価値があると思っています。
LUMOの魅力や、どんな方に進めたいか教えてください。
原始反射に特化している療育という点が魅力ですね。周囲には原始反射について知らないお母さんがものすごく多いんですし、運動療育自体に興味を持っている方も少ないんです。でも、LUMOにお通いのお母さんは、色々と調べて勉強されている方が多く通っていると想像しますね。原始反射を理解するのは難しいですが、普段から仲の良いいお母さんが運動療育で悩んでいたら、勧めたいと思います。

TOP手先の不器用さが改善され、前向きさも見られるようになりました。