INTERVIEWインタビュー

自信がつき、集団行動やお友達との関わりも改善。こんなに頑張れるとは期待以上です。

A.I さんのお母様

年齢・性別 6歳・小1・女の子
症状 ADHD傾向
お悩み 切り替えができなくて癇癪を起こしたり、すねたりしてしまう。落ち着きがない。
コミュニケーションが一方通行なので、お友達との関わりが苦手。行き渋りが強い。
希望 楽しく体を動かしてほしい。順番を守るといった集団行動ができるようになってほしい。友達や周りと意思疎通ができるようになってほしい。

当施設では子どもの正常発達を考えたリハビリ・トレーニング・運動教室を行っております。
今回、当施設に通っていただいている子のご家族様にお話を伺いました。

運動療育を探されたきっかけを教えてください。
年長から運動以外の発達支援施設へ通っていましたが、子どもが体を動かすことが好きだったので、運動へ特化した所へも通わせたかったのです。
当時は落ち着きがなく、じっとできないことが多かったので、体を動かすことで発散できたらいいなという軽い気持ちでした。また、運動療育でなら順番待ちとか、集団の中での態度を身につけられるかなとは思いました。
どのようなことで悩まれていましたか?
例えば幼稚園では、待っていられないことや、切り替えができなくて癇癪を起こす機会が増えていました。”私が一番よ!”とお友達を差し置いてしまうので、お友達関係が一番難しかったようです。自分の喋りたいこと・やりたいことが先立ってしまい、コミュニケーションが一方通行でした。距離感が近くてグイグイ寄って行くし、力加減がわからずにフルパワーでハイタッチしていました。小学校入学が近づくにつれて、そういったことが心配になっていました。
無料体験のご感想を教えてください。
気分によって一歩も動かないほど入り渋りの酷いAですが、嫌がらずに校舎へ入って行けました。Aはいつもの通り、先生の話も聞かず走り回ってしまいましたが、先生はニコニコとした表情で落ち着いて待っていてくれました。親としてはそれが嬉しかったです。Aは構ってもらえないといじけてしまうし、好き放題に動いてしまうので心配でした。でも、沢山の先生にマンツーマンで寄り添っていただけました。おかげでAは私と離れるのを不安がらず、のびのびと楽しんでくれたのが何よりでした。
原始反射については全く知らなかったので新しい発見でしたが、本人の好きな動くことを通して問題解決できるならいいなと思いました。
LUMOに通ってみて、率直にどう感じていますか?
満足です。特に精神面で自信がついたようです。LUMOでできるようになったことを家で披露してくれるんです。ブリッジができたことが一番嬉しかたのか、「こんなに高く上がるんだよ、こんなに体を柔らかくできるんだよ」と得意げでした。
また、家でも外でも手放せなかった安心材料のタオルを1ヶ月後には手放せるようになりました。今も学校には我慢して持って行かないのですが、LUMOには平気だから持っていかないんです。自信がついたし、LUMOが自分らしく過ごせる場所になったからだと思います。「LUMOに通うのはこの曜日」と、本人がチェックしているくらい好きな場所です。
当初考えていた課題は解決に向かっていますか?
集団行動やお友達との態度が課題でしたが、改善してきています。
例えば、授業中に長く椅子に座れるようになったと担任から聞きました。そもそもAは、沢山の子どもがいる教室の席に座るのが苦手です。その上1学期は、自分が何をすればいいかもわからなくて苦痛だったようなので、嬉しい改善です。
お友達については、距離感や力加減のコツも掴めてきましたし、相手の気持ちになることや意思疎通も少しずつ改善しています。
そのほかに、成長を感じることはありますか?
本人がここまで頑張って取り組んでくれるとは思っていなかったので、とても意外でした。みんなで同じことをするのが嫌で、そんな時は部屋の隅に行ってしまうことが多いのですが、みんなに交じったり真似したりできるようになったのを見て、こんなに頑張れるんだと驚きました。親としては気軽に楽しんでほしかっただけだったので、期待以上の発見でした。
LUMOの魅力とはどんなところでしょうか?
LUMOは「我が子が一番楽しく通える場所」ですが、親としては、できることの達成感、自己肯定感を高めることが教育上の一番の望みです。叱られたり我慢が増えたりすると「私のこと嫌いなんでしょ」といじけてしまう子ですが、運動で成功体験が増えることによって、自己肯定感に繋がることが魅力だと思っています。
Aにとっては、LUMOで動き回れる時間が増えたことが嬉しいはずです。親としても、本人がどれだけ嫌がらず楽しんでいるかが一番大切です。
どんな方にLUMOを勧めたいですか?
集団の中での習い事に躊躇している方です。一般的なスイミング教室などでは、多くの子が“多人数の中の一人”になってしまいますが、LUMOなら個に手厚いから個別対応をしてほしい子も安心して通えます。私も原始反射についてわからない立場で学んでいる途中ですが、運動療育と堅苦しく考えず、「スポーツクラブだ!」、「これが習い事だ!」と気軽に考えてほしいですね。

TOP自信がつき、集団行動やお友達との関わりも改善。こんなに頑張れるとは期待以上です。