INTERVIEWインタビュー

「階段を降りられない」という悩みがたったの1ヶ月で解決してしまい、驚きました。

まひろくんのお母様

年齢・性別 6歳・年長・男の子
症状 自閉症、軽度の知的障がい
お悩み こだわりが強く、同じ素材・同じ色のズボンだけをはく。
階段が降りられない。臆病で消極的。興味の幅が狭い。
希望 階段がスムーズに降りられるようになってほしい。
興味の幅を広げ、スムーズな集団行動に繋げてほしい。

当施設では子どもの正常発達を考えたリハビリ・トレーニング・運動教室を行っております。
今回、当施設に通っていただいている子のご家族様にお話を伺いました。

お子様の発達にご不安を覚えたのはいつ頃ですか?
実は3歳半くらいには、自閉症ではないかという心配がありました。例えば同じ素材、同じ色のズボンしかはかないという洋服のこだわりがあまりに強いこと。また、反復運動をしたり、言葉が出ない時にクレーン現象があったり、指差しができないことも気になっていました。それらの特徴をネットで検索していくと、自閉症の症状そのままだと感じました。
定期健診ではどのような指摘を受けていましたか?
4歳になる直前に、コロナ禍で遅れていた3歳児健診をようやく受けられました。そこで発達の相談をしようと思いましたが、健診会場で本人は、ベービーカーから降りないと駄々をこねて診察ができなかったのです。きっと、大勢の中で漠然とした不安があったのだと思いますが、保健師さんが抱っこしても何をしても嫌がって泣く様子から、すぐに療育センターを紹介されました。何度か診察と発達検査をした後、自閉症と軽度の知的障がいとの診断が付きました。それがちょうど2年前の4歳を少し過ぎた頃です。
私もそれまで、どこへ相談したらいいのか分かりませんでしたし、児童発達支援についても療育センターで知ったくらいなので、もっと早くに動けていれば良かったのかもしれないと悔やみました。
運動療育を探されたきっかけを教えてください
小学校入学前までに、階段を一人でスムーズに降りられるようにしたかったのです。まひろの学校へは歩道橋を渡らないといけないのですが、階段を左右交互に足を替えて降りられないので、どうしても一段ずつゆっくり降りるしかありませんでした。すると遅いばかりか周囲の邪魔にもなるので困っていました。さらには、運動が得意には見えなかったので、体幹を鍛える効果も期待しました。
実際、他の療育先で知り合ったお子さんも、運動と机上それぞれの療育を併用している子が多かったので、それぞれに特化した教室へバランスよく通うことが大事なのかもしれないと思いました。
LOMOを知って、興味を持たれた際、どのように感じましたか?
ネットで近所の運動療育先を検索したら、運動に特化している施設としてLUMOが紹介されていました。そこで早速HPを拝見しましたが、知らなかった情報が詰まっていました。赤ちゃんだけの反応と思っていた原始反射が、もう5歳になるうちの子に残存しているかもしれないという驚きと、原始反射の統合で解決しようとするアプローチが存在すること自体への驚きとがありました。そして、“本当に原始反射を統合していけるのか、 統合したらどうなるのか”という興味と期待を持ちました。
また、運動を通してチャレンジ精神を育てたいとも思いました。臆病なうちの子は、絶対にできることしかやりません。こちらが勧めても「怖いからやらない」と言って、興味があっても経験がなければためらいます。運動を通して積極的になることで、興味の幅を広げたり、友達との関わりを学んで、スムーズな集団行動に繋がったら嬉しいと思いました。
無料体験のご感想を教えてください。
カウンセリングでは、子どもの様子を詳しく聞いていただき、具体的にどんなアプローチや働きかけがいいのかも一緒に考えていただきました。
通おうと思った決め手は、まひろに「参加してみよう」という気持ちが見られたことです。普段は、広いお部屋だと勝手に走り回ってしまったり、逆に場所見知りして隅で動かなかったり、私から離れられなくなります。その上興味がなければ、時間が経っても一切動きません。でも、LUMOの教室には楽しそうな雰囲気があったんですよね。最初は私にくっついていたのに、しばらくするとカラフルなボールをカゴに入れようとし始めました。これなら通えそうだし、ぜひLUMOで運動していけたらいいなと思いました。
LUMOに通ってみて、率直にどう感じていますか?
すごく積極的に色んな物事に取り組む姿勢が見られるようになりましたので満足しています。本人も「楽しかった」と帰ってきますし、「今日運動教室はある?」とよく聞いてくるので、生活の一部になっていると思います。
例えば、まひろは小学校の放課後デイサービスと同じ時間に通っていますが、まひろの通う縦割り保育園と似た環境なんです。その上、LUMOに通うお兄さんお姉さんはすごく優しいので、その輪に入りやすいようです。楽しそうな雰囲気を直に感じ取ることで一緒にやってみたいと思えるのか、意欲的に参加できていることが良かったと思います。
どういった点に満足していますか?
例えば、語彙力がついたことです。最初の頃はLUMOから帰宅後に感想を聞いても要領を得ませんでしたが、今は何をしたかはっきり言えるようになりました。言葉が増えたとよく言っていただけるのですが、縦割りの中でのやり取りが影響していると思うのです。
さらに、LUMOでできるようになったことが自信にも繋がるようで、家でもそのことを嬉しそうに報告してくれます。私もできるようになるなんて思いもしなかった壁逆立ちなどを習得して、「やったよー!」と嬉しそうに見せてくれるのです。意欲的になったというか、精神的な成長があると思います
“階段を降りる”という課題は解決しましたか?
はい。たったの1ヶ月で解決してしまいましたので驚きました。
通い始めて1ヶ月後くらいに、最寄り駅の階段をスタスタと勝手に降りていくのです。私のほうがあまりにびっくりして、「ちょっと待って!」と追いかけました。そんなにすぐに効果が出るものかと本当にびっくりしました。親としては、見守るべきか悩みながらも年齢だけ重ねていく焦りがあって本当に困っていたので、とても感動しました。
その上、すごくチャレンジ精神が付きましたし、色んなことに興味を持つようになりました。苦手なことや興味のないことには、あからさまに向き合わない子でしたが、そういうこともなくなりました。
そのほかに、成長を感じることはありますか?
実は、今年5月に再度、発達検査をしたのですが、まひろの運動能力が年齢相当の上限を超えたことが分かって驚きました!そもそも走ることは好きそうだと私も思っていましたけれど、そこまで運動が得意そうには思えなかったのです。実際まひろには、滑らかに体を動かすような協調運動は難しいだろう、運動神経も高くないだろうと思っていたのです。まして、運動が好きかもわかりませんでした。ですから、その結果は親としても衝撃的でしたし、保育園の先生にも運動能力がすごいと褒められます。
そのせいか、LUMOでできるようになったことを他の場所で何かと披露したがるんです。保育園や別の療育先の先生に褒められたら、「またLUMOで頑張るんだ」と本人は答えるようです。運動を機に、自己肯定感などを高める相乗効果が生まれていると思います。
LUMOの魅力とはどんなところでしょうか?
まず、楽しめる運動療育だというところです。そして、まひろのように、階段をスタスタ降りられるようになった運動療育の効果です。階段を昇ることができても降りられない、手を繋いでも一段ずつしか降りられない子は意外といるんじゃないかと思うのです。通学路の歩道橋に限らず、学校内にも階段はあります。また、体幹が弱かったり、何をするにも臆病、興味があってもあと一歩が踏み出せない子は障がいのある子に多いと思います。一歩踏み出してやってみたら楽しかったとなれば、次の意欲に繋がると思います。そして、できることが増えると、課題も乗り越えていけます。まさしくうちの子がそうでしたから、自信を持ってその魅力を伝えたいですね。

TOP「階段を降りられない」という悩みがたったの1ヶ月で解決してしまい、驚きました。