COLUMNコラム

療育園とは障がいがある子どもへ発達支援をおこなう場所|選び方についても紹介

運動療育がもたらす効果

「療育園とはどんな場所?」
「どのように選んだらいい?」


今回はこういった悩みや疑問を解決していきます。
本記事は、以下の内容がわかります。

  • 療育園の支援内容や保育園との違い
  • 療育園の選び方のポイント

詳しく解説するので参考にしていただけたら幸いです。

 

療育園とはどんな場所?

ここでは、療育園について以下の3つの内容を紹介します。

  • そもそも療育とは?
  • 療育園とは
  • 保育園との違いについて

そもそも療育とは?

療育とは、障がいのある子どもに対する支援のことです。専門家が子どもの特性に合わせたアプローチをおこない、自立した生活が送れるように支援します。

支援では、子どもの個性を大切にしながら、生活の質の向上が主な目的といえるでしょう。また、療育は発達支援とも呼ばれ、発達障がいや、グレーゾーンの子どもにもおこなわれます。療育は初心者でもわかりやすい形で子どもの成長と発達をサポートする重要な取り組みです。

また、発達障がいがある子どもは、原始反射の残存がみられるケースが多いとされています。原始反射は生まれつきの本能的な反応であり、発達の初期段階で重要な役割をもっていますが、生後1年ほどで見られなくなるのが一般的です。子どもたちの成長と発達をサポートするために、療育により原始反射を調えることは欠かせない要素といえるでしょう。

療育園とは

療育園は、障がいのある子どもに対して個々の発達の状態や障がい特性に応じた療育をおこなう施設のひとつです。「療育園」というのは療育を提供する場の総称として使われており、療育センターや放課後等デイサービスなどさまざまな形態があり、それぞれのニーズ合わせて選ぶ必要があります。 ※本文修正しました

療育園では子どもの現在の困りごとや発達の状況、特性に応じて個別の支援計画を作成し支援を進めていきます。子どもたちが自立した生活を送るための訓練や、社会性や対人スキルの向上につながるプログラムが提供されるため、子どもたちの成長を促進できるでしょう。

保育園との違いについて

療育園は、発達に困難を抱えた子どもたちの発達支援や自立支援を目指し、専門職が関与します。一方保育園は、乳幼児期の子どもたちのケアを中心に行い、保育士が主体です。

療育園と保育園はそれぞれの目的や対象をもっており、それに応じて提供する支援内容も異なります

 

後悔しない療育園選びのポイント3つ

ここでは、療育園の選び方について大事なポイントを3つ紹介します。失敗しないためにも、ぜひ参考にしてください。

  • 支援内容は適したものか
  • 雰囲気とスタッフの内容
  • 本人が良いと感じているか

支援内容は適したものか

療育園がどのような支援プログラムを提供しているかを確認しましょう。発達支援や自立支援に特化したカリキュラムや活動があるかをチェックし、子どものニーズに合ったプログラムが提供されているか事前に確認することが重要とされています。

雰囲気とスタッフの内容

療育園の雰囲気は子どもたちが過ごしやすいかどうかを判断するうえで重要です。雰囲気が良くない、合わない環境だと子どもたちが不安や抵抗を感じ、発達や成長にマイナスの影響を与えることも考えられます。子どもたちが安心し、自己を表現し、成長できる環境が整っているかどうかを見極めることで、最適な療育園が選択できるでしょう。

そのため、見学や体験入園は実際におこなっておくことをおすすめします。ホームページやパンフレット、口コミなども参考にすると良いでしょう。

本人が良いと感じているか

療育園を選ぶ際、本人の意見を尊重することは非常に重要です。本人が環境を良いと感じることは、モチベーションや参加意欲に直結するからです。

本人が良いと感じる施設では、自信や協力心などが高まることに期待できます。そのため、子どもの声を重視し、意見を反映した選択をすることが療育の成功につながるでしょう。

 

まとめ:療育園選びは3つのポイントをおさえよう

療育園選びに失敗しないためには、以下の3つに気をつけましょう。

・支援内容は適したものか
・雰囲気とスタッフの内容
・本人が良いと感じているか

子どものニーズに合わせた対応を心がけ、自信を持って成長できる環境を作ってあげてください。医師や専門家と連携しながら最適なサポート策を見つけましょう。

LUMOでは、原始反射の理論などを用いて脳を鍛えることで運動療育を促進しています。

原始反射は、生まれつき備わっている反射であり、刺激に応じて自動的に生じる反応です。この原始反射を調整することは、カラダの発達や運動機能の向上に役立ちますが、同時に脳を鍛えることにもつながります。

TOPお知らせ一覧療育園とは障がいがある子どもへ発達支援をおこなう場所|選び方についても紹介