COLUMNコラム

発達障がい(ADHD)の子どもが嘘をつく理由は?正しい対処法を紹介

運動療育がもたらす効果

発達障がいの子どもが嘘をつくのは、特性が影響していることが考えられます。単なるいたずらや意地悪ではなく、脳の働き方の違いから、状況の理解が難しかったり、衝動的に言葉が出てしまったりすることがあります。そのため、嘘をついたことを頭ごなしに叱るのではなく、子どもの視点に立って理解を深め、適切な対応を心がけることが大切です。

本記事では、発達障がいの子どもが嘘をつく理由と、その正しい対処法について詳しく解説します。

 

発達障がい(ADHD)とは

 

ADHDは、注意欠如・多動性障がいと呼ばれる発達障がいの一種です。ADHDの主な特徴は、不注意、多動性、衝動性の3つです。

不注意

不注意の特徴は、注意力が持続しにくく、ミスが多いことです。具体的な症状として、以下のようなことが挙げられます

・学校の授業中に注意が散漫になり、先生の説明を聞き逃してしまう
・宿題や仕事で細かいミスを繰り返したり、提出物を忘れたりする
・日常生活で財布や鍵など大切なものをよく無くしてしまう
・片付けが苦手で、部屋が散らかっていることが多い

注意力の維持が難しいため、重要な情報を見逃してしまったり、物事に集中し続けることが困難になります。

多動性

多動性の特徴は、じっとしていられず、落ち着きがないことです。具体的な症状として、以下のようなことが挙げられます

・教室で席に座っていられず、立ち歩いてしまう
・会議中に落ち着きがなく、じっとしていられない
・他者との会話で、相手が話し終わるのを待たずに口をはさんでしまう
・質問に対して早口で答えすぎてしまう

多動性は、外からの刺激に反応しやすく、カラダを動かさないと気持ちが落ち着きません。そのため、何かに夢中になると周りが見えなくなり、一方的に話し続けてしまうこともあります。

衝動性

衝動性の特徴は、考える前に行動してしまうことです。具体的な症状として、以下のようなことが挙げられます

・順番待ちが苦手で、我慢できずに割り込んでしまう
・危険を予測できず、交通ルールを守れないことがある
・感情のコントロールが難しく、カッとなって大声を出したり、暴力を振るったりしてしまうことがある

衝動性は、行動を抑制することが難しく、先の結果を考えずに行動に移してしまいがちです。怒りなどの感情も爆発しやすく、人間関係のトラブルに発展することも少なくありません。

 

子どもがつく嘘とは

 

子どもがつく嘘には、発達段階によって特徴があります。幼児期(2歳半〜6歳頃)の嘘は、空想や願望が転じたもので、自分のなかでは「本当にあったこと」と認識していることが多いのです。意図的な嘘をつくこともありますが、単純でつじつまが合わないのが特徴です。嘘をつくようになったのは、知能の発達の証ともいえるでしょう。

一方、学童期(小学生以上)になると、計画的に嘘をつくようになります。テストの点数を隠すなど、すぐにバレない工夫を凝らすことも多いでしょう。嘘をつく原因も複雑化し、子ども自身の深刻な悩みやSOSのサインである可能性も考えられるため、見極めが大切です。

子どもの嘘は、成長の過程で誰もが経験するものですが、頻度が高いなど気になる場合は、早めの対応を心がけましょう。嘘の内容から子どもの心理状態を注意深く観察し、適切なサポートにつなげていくことが重要です。

 

発達障がい(ADHD)の子どもが嘘をつく理由

 

発達障がい(ADHD)の子どもは、さまざまな背景から嘘をついてしまうことがあります。

日常生活での失敗が多いため

ADHDの子どもは、不注意や衝動性の特性により、学校や家庭での失敗が多くなりがちです。叱られることを恐れて、その場しのぎの嘘をつくことが習慣化してしまうケースがあります。本人もなぜできないのか理解できないまま、行動の理由を無理に作り出し、明らかな嘘をついてしまうのです。

衝動性により思ったことを口に出してしまう

衝動性の特性から、頭に浮かんだことをそのまま口に出してしまうことがあります。空想していたことを、あたかも現実のように話すこともあるでしょう。事実ではないとわかっていても、言葉を抑えられずに自己嫌悪に陥ることも少なくありません。周囲から誤解されやすい特性と言えます。

状況が把握できていない

ADHDの子どもは、不注意の特性から、状況を正確に把握するのが苦手なことがあります。そのため、実際に起こったことと違う認識を持ってしまい、周りから見ると「嘘」になってしまうのです。本人は事実だと信じて話しているため、頭ごなしに否定せず、なぜそう思ったのか一緒に確認することが大切です。

 

発達障がい(ADHD)の子どもの嘘への対処法

ここでは、発達障がいの子どもの嘘への対処法について紹介します。

嘘をついたことを叱らず理由を聞く

ADHDの子どもが事実と異なることをいったときは、「嘘をついてはダメ」と叱るのは避けましょう。嘘だと自覚していない場合、なぜ怒られたのか理解できず、混乱してしまうためです。まずは子どもの言葉を否定せず受け止め、「どうしてそう言ったの?」と、言葉の裏にある気持ちを汲み取るよう心がけることが大切です。

環境を見直す

自分を守るために嘘をつくパターンの子どもは、失敗体験の積み重ねが原因となっていることが少なくありません。特性により「できない」ことを自覚できず、理由をこじつけて自分や周りを納得させようとするのです。保護者や学校が協力し、特性に配慮した環境を整え、失敗を減らすサポートが不可欠と言えるでしょう。

LUMOでは、発達障がいのお子さまの特性に配慮しながら、運動を通じて自信をつけていくお手伝いをしています。「子どもの可能性を最大限に引き出し、運動の楽しさを感じながら、チャレンジする意欲や自己肯定感を高めていく」それがLUMOの目指す療育です。お子さまが自信を取り戻し、将来への希望を抱けるよう、全力でサポートいたします。ぜひ一度、無料体験にお越しください。

 

まとめ

発達障がい(ADHD)の子どもが嘘をつくのは、特性による影響が大きいことがわかりました。日常生活での失敗体験の積み重ねや、衝動性、状況把握のむずかしさなどが、嘘をつく背景にあるのです。嘘をついたことに対しては、まずは言葉を受け止め、理由を聞くことが大切です。そして、失敗を減らすための環境調整や、自信をつけるための成功体験の積み重ねなど、特性に配慮したサポートが必要不可欠といえるでしょう。

LUMOでは、原始反射の理論などを用いて脳を鍛えることで運動療育を促進しています。原始反射は、生まれつき備わっている反射であり、刺激に応じて自動的に生じる反応です。この原始反射を調整することは、カラダの発達や運動機能の向上に役立ちますが、同時に脳を鍛えることにもつながります。発達障がいやグレーゾーンによる困りごとは、ぜひLUMOへご相談ください。

 

TOPお知らせ一覧発達障がい(ADHD)の子どもが嘘をつく理由は?正しい対処法を紹介

まずは無料体験!